車載用ハイダイナミックレンジ(HDR)技術のメインビジュアル
技 術
車載用イメージセンサー

車載用
ハイダイナミックレンジ(HDR)技術

  • ホーム
  • 技術
  • 車載用イメージセンサー
  • 車載用ハイダイナミックレンジ(HDR)技術

概要

車載用ハイダイナミックレンジ(HDR)技術を駆使することで、逆光やトンネルの出入り口など、明暗差が大きなシーンにおいても、白飛び、黒つぶれの少ない高品質な情報の取得が可能になります。

車載用ハイダイナミックレンジ(HDR)技術のイメージ画像

技術解説

特性の異なる2種類の画素からの信号を合成

特性の異なる2種類の画素からの信号を合成することで例えば、逆光や日中のトンネル出入口など明暗差が大きなシーンにおいても暗い部分が黒つぶれせず、明るい部分が白飛びしない、ダイナミックレンジの広い信号が得られます。

また2つの画素は同じタイミングで撮像するため、合成する際に時間的ずれのない、物体検知や認識に適した信号を得ることができます。

関連製品&ソリューション

お問い合わせ

ソニーセミコンダクタソリューションズグループおよび製品・サービスに関するお問い合わせ、仕様書、見積り/購入のご依頼などは、以下のボタンより専用フォームにてご連絡ください。