概要

昨今、さまざまな産業機器分野において、人間の眼を超えるセンシングの活用が進んでいます。非可視光領域の紫外線波長域(UV/Ultraviolet)でのセンシングはその一例です。

IMX487は、UV波長域での撮像に対応しつつ、Pregius S™技術を搭載することでグローバルシャッター機能や高速性をあわせ持ったイメージセンサーです。従来から用いられてきた半導体パターン欠陥検査のほか、リサイクル現場での素材選別、部品表面の微細傷の検査、インフラ点検、ライフサイエンスなど幅広い用途への活用が可能です。

特長

歪みなく高速な撮像が可能なグローバルシャッター搭載

UV波長の特性に特化した構造を採用しつつ、グローバルシャッター画素技術Pregius S™を搭載することで、UV波長域(200nm~400nm)における動体歪みのない撮影、および193fps(10bitモード時)の高いフレームレートを実現しています。従来からUVカメラが用いられてきた半導体などの検査用途に加え、リサイクル選別など高速性が求められる領域にも適用が可能です。

低ノイズで高画質な撮像を実現

UV波長域に特化した構成部材や独自の受光部構造を採用。これにより、高いUV感度性能を維持し、ノイズを大幅に抑えた高画質な撮像を可能にしています。

多彩な用途に活用できる高画素

高いUV感度を維持しながらも2.74umまで画素を微細化し、2/3型で約813万画素の小型多画素化を実現しています。工場内のファクトリーオートメーション用途のみならず、インフラ検査など、持ち運びやすさや解像度が求められる屋外用途にも活用できます。

UVとは

右図はUVの波長域を簡易的に示した図です。可視光より波長の短い10nm~400nmの帯域がUV(紫外線)と呼ばれています。IMX487はこのUV波長域の中でも産業用の検査などに適した200nm~400nmの波長に対応しています。

UVとはの図表

光の波長(紫外線は10nm~400nm)

製品ラインアップ

PDF 型名 イメージサイズ 有効画素数
IMX487 PDF IMX487 対角11.1mm (2/3型) 約813万画素

スペック

製品名 IMX487-AAMJ-C
イメージサイズ 対角11.1 mm
(2/3型)
有効画素数 2856 (H) × 2848 (V)
約813万画素
ユニットセルサイズ 2.74μm (H) × 2.74μm (V)
フレームレート 全画素読出し 8bit 194fps
10bit 193fps
12bit 127fps
入力駆動周波数 37.125MHz / 74.25MHz / 54MHz
電源電圧 アナログ 3.3V、2.9V
デジタル 1.1V
インターフェース 1.8V
シャッターモード グローバルシャッター
出力インターフェース SLVS-EC : 8 / 4 / 2 / 1レーン
SLVS : 8 / 4ch
パッケージサイズ 20.0mm(H) × 16.8mm(V)

資料ダウンロード

UVイメージセンサー 概要

UVイメージセンサーについて2ページにまとめた情報です。

技術

UVイメージセンサー技術

この製品に搭載されているUVセンシングの技術情報はこちらです。

高速インターフェース規格SLVS-EC

この製品群は高速インターフェイス規格SLVS-ECを搭載しています。

関連コンテンツ

お問い合わせ

仕様書や見積もりのご依頼はこちらから!

※これより先は、当社が委託した株式会社セールスフォース・ドットコムのサイトへリンクします。

お知らせ
メール配信の登録

産業用およびセキュリティカメラ用イメージセンサーの製品・技術、イベント、サービスなどの情報をお届けします。