概要

IMX556/IMX570は、当社のセンシング技術と測距技術を用い、小型かつ高解像度で、遠距離から近距離までの幅広い距離画像の取得を実現した、産業機器用の裏面照射型Time of Flight方式(以下、ToF方式)距離画像センサーです。

正確な距離画像の取得ができる小型のセンサーとして、AGV(Automatic Guided Vehicle/無人搬送車)やAMR(Autonomous Mobile Robot/自律移動ロボット)に求められる自律動作を補助する測距機能に限らず、フォークリフトのパレット検知や積載認識、摘果・自動搾乳ロボットなど多種多様な領域・用途で活用されています。

特長

小型ながら高解像度の3D画像が得られる

当社の持つToF画素技術と裏面照射型CMOSイメージセンサーの画素技術により、小型かつ高解像度で精度の高いToF方式距離画像センサーを実現しました。高精度の被写体認識が求められるシーンや、ロボットアーム先端への取り付けなどスペースが制限されるシーンでも活用いただけます。

解像度比較

Sensor CONVENTIONAL NEW
Depth画像*1 Depth画像 CONVENTIONAL Depth画像 NEW
IR画像 IR画像 CONVENTIONAL IR画像 NEW

*1) Depth画像は、距離の遠近を色で表現しています。

動的な被写体に強い

ToF方式はレーザーを用いたメカニカルスキャン方式に比べ可動部分を必要としないため、3D距離画像をフレーム単位で高速に取得し、動く被写体を撮影する際に距離画像の歪みを抑えることができます。そのため、ベルトコンベア上で搬送中の商品を捕捉するといった、被写体の動きが速いシーンでも活用できます。

動的な被写体に強いの図表1
動的な被写体に強いの図表2

演算負荷を抑えた処理が可能

ToF方式はセンサー出力に簡易な処理を行うことで距離情報を取得できるため、既存のカメラ方式に比べ、Depthデータを利用する環境を容易に構築できます。たとえばマルチカメラによる全方位映像・マルチアングル映像をリアルタイムで合成するようなケースでも、演算負荷を抑えたシステム構成が実現できます。

演算負荷を抑えた処理が可能の図表

環境ロバスト性が高い

当社のToF方式距離画像センサーは、外光オフセットを差し引く画素駆動処理により、晴天下などの高照度のシーンでも活用できます。また、照明のない倉庫内など極低照度のシーンも含め、屋内・屋外を問わず利用できます。

製品ラインアップ

型名 センサーサイズ 有効画素数
IMX556 1/2型 約30万画素
IMX570 1/4.5型 約30万画素

スペック

素子構造

型名 IMX556 IMX570
解像度 0.3M 0.3M
有効画素数 642(H) ×484(V) 648(H) ×488(V)
光学サイズ(型) 1/2 1/4.5
最大フレームレート 60fps (VGA resolution) 56fps (VGA resolution)
推奨光源波長 850nm or 940nm 850nm or 940nm
画素サイズ 10µm×10µm 5µm×5µm
変調周波数 4〜100MHz 2〜120MHz
インターフェース MIPI MIPI

資料ダウンロード

ToFイメージセンサー搭載カメラリスト

ソニーのToF方式距離画像センサーが搭載されたカメラの一覧はこちらからダウンロードできます。

技術

ToF(Time of Flight)技術<産業用> 

この製品群に搭載されているToFの技術情報はこちらです。

お問い合わせ

仕様書や見積もりのご依頼はこちらから!

※これより先は、当社が委託した株式会社セールスフォース・ドットコムのサイトへリンクします。

お知らせ
メール配信の登録

産業用およびセキュリティカメラ用イメージセンサーの製品・技術、イベント、サービスなどの情報をお届けします。