ニュースリリース

  • ホーム
  • ニュースリリース
  • ソニーセミコンダクタソリューションズとNEC
    エッジAIの活用による物流DXに向けた実証実験を開始
    ~倉庫環境に応じてAI再学習可能なソリューションがオペレーションの効率化を実現~

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2022年12月08日

ソニーセミコンダクタソリューションズとNEC
エッジAIの活用による物流DXに向けた実証実験を開始
~倉庫環境に応じてAI再学習可能なソリューションがオペレーションの効率化を実現~

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社/日本電気株式会社

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:清水 照士、以下SSS)と日本電気株式会社(代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:森田 隆之、以下NEC)は、倉庫における荷物の入出荷などオペレーションの効率化をめざし、AIカメラなどのエッジデバイスを活用した物流業界向けエッジAIセンシングソリューションの実証実験を2022年12月から開始しました。本実証実験は、日通NECロジスティクス株式会社(代表取締役執行役員社長 藁谷 真司、以下 日通NECロジスティクス)の協力のもと、本ソリューションによる倉庫の生産性向上効果を実証する目的 で、日通NECロジスティクス成田倉庫において2023年3月まで実施します。

両社は、倉庫の空き棚スペースをエッジAIにより可視化し、荷物の入出荷に関するデータを掛け合わせることで、作業時間の短縮に繋がる最適な入庫スペースを作業員にリコメンドするソリューションを開発しています。本ソリューションは、AIカメラを活用したソリューション構築を支援するSSSのエッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS™」※1と、NECの空き棚スペースを可視化するアプリケーションを組み合わせることで、システム開発の効率化とAI再学習を実現し、倉庫環境に合わせて検知精度を持続できるサービス運用をめざします。

商取引の急速なEC化に伴って荷物の取扱量が爆発的に増加する中、物流業界における人手・処理能力の不足が重大な社会課題となっています。両社は、本実証実験で得られる知見をもとに物流業界への本格導入に向けて検討し、物流DX(デジタルトランスフォーメーション)の促進による人手不足の課題解決に取り組んでまいります。

※1: AITRIOSホームページはこちら

棚(NEC)

実証実験の倉庫の様子

Image Sensor IMX500

(上)AI処理機能搭載の小型なインテリジェントビジョン
センサー「IMX500」、
(下)IMX500搭載AIカメラ

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 システムソリューション事業部 事業部長 柳沢 英太のコメント
弊社は、イメージセンサーを軸とした革新的なエッジAI技術を用いて、さまざまな産業に対する新たな価値提供や課題解決に貢献することをめざしています。今回、NECが物流業界で長年培ってきたシステム開発・導入のノウハウと連携し、物流オペレーションの効率化に貢献するソリューションを開発できることを、大変喜ばしく思います。

日本電気株式会社 第一製造ソリューション統括部 統括部長 菅野 清一のコメント
NECは、さまざまなソリューションを通して 、企業のものづくり・サプライチェーンに対する課題解決の取り組みをしております。今回のSSSとの実証実験により、更に革新的なソリューション開発をしていきたいと考えます。両社の技術によりスマートファクトリーやスマートロジスティクスの領域で大きな価値を提供し、課題解決に貢献していくことをめざします 。

■両社の役割

●SSS

  • AI処理機能を有するインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」の提供。IMX500を搭載したAIカメラ※2が、専用の再学習可能なAIモデルにより棚や荷物を検知。
     ※2: AIカメラはパートナー企業製
  • デバイス管理やAI開発・運用のためのクラウド環境「AITRIOS」を提供。
  • AI検知に必要となるベースの再学習可能なAIモデル「Base AI Model」を開発・提供。

●NEC

  • 画像情報を元に空き棚スペースを可視化し、ピッキング時の作業時間を短縮するための最適な空き棚スペースをリコメンドするアプリケーションの提供。
  • 「AITRIOS」と「Base AI Model」を活用し、ソリューションを導入する倉庫環境にあわせてクラウド経由でAIモデルを再学習させ、効率的に最適化。倉庫環境の変化に応じて、AIモデルを継続的に再学させ、AI検知精度を持続。

■物流業界向けエッジAIセンシングソリューションの主な特長

●「IMX500」搭載AIカメラ設置による省スペース化と取扱いデータ量の抑制

  • 「IMX500」は、小型なチップで撮像からAI検知までを実施。物理的な制約が伴う倉庫で、レイアウトへの影響を最小限に抑えながら、柔軟なAIカメラの設置が可能。
  • 検知結果は、荷物に関する意味情報(メタデータ)として後段のシステムに送信。画像のまま送信する場合と比較し、取り扱うデータ量を最小限に抑え、システムの運用コスト削減に貢献。

●ソリューション開発の効率化と短納期化に貢献:「AITRIOS」

  • 「AITRIOS」が、AI検知に必要となる再学習可能なベースのAIモデル「Base AI Model」を提供。NECはこれを活用することで、倉庫環境ごとに最適なAIモデルを効率的に開発し、ソリューションを顧客に短納期で導入。
  • 「AITRIOS」の環境を使い、遠隔からクラウドを通じたAIモデルの再学習が可能。倉庫レイアウトや照明など現場環境に変更が生じた場合にもAIモデルを再学習させることで、検知率の低下を防ぎ、オペレーションに求められるAI検知精度を維持。

●ピッキング作業時間の短縮に貢献するアプリケーション

  • 「IMX500」で検知した荷物情報をもとに、倉庫全体の空き棚スペースの情報をモニターに可視化。作業員の能力や経験値に左右されることなく、空き棚スペースの把握が可能。
  • 空き棚スペースの情報と、荷物の入出荷頻度や出荷予定日のデータを掛け合わせることで、ピッキング時の作業時間が短縮できる最適な空き棚スペースをリコメンド。

※ AITRIOS、およびそのロゴは、ソニーグループ(株)またはその関連会社の登録商標または商標です。

お問い合わせ

ソニーセミコンダクタソリューションズグループおよび製品・サービスに関するお問い合わせ、仕様書、見積り/購入のご依頼などは、以下のボタンより専用フォームにてご連絡ください。