顧客事例
産業用イメージセンサー

TOMRA社 飲料
容器の自動回収機

用途:リサイクル
国:ノルウェー
企業名:TOMRA Systems ASA

  • ホーム
  • 顧客事例
  • TOMRA社 飲料容器の自動回収機

循環型経済へ

環境保護/資源リサイクルの重要性が改めて注目されています。資源を消費して捨てる「線形経済」から、 製品・素材・資源の価値を可能な限り維持し、資源消費と廃棄物の発生を極小化する「循環型経済」の実現に向けて、世界は動き出しています。現在、使い捨て製品に多く使用されているプラスチックは、焼却時の温室効果ガスの排出や、海への流出による海洋汚染、そして原料となる石油資源の枯渇など深刻な問題となっています。

顧客事例

背景

TOMRA社の自動回収機

ノルウェーで設立されたTOMRA(TOMRA Systems ASA)は、1972年に使用済み飲料容器の自動回収機を開発、製造販売をスタートさせました。使用済み飲料容器、ガラス瓶、プラスチックの瓶を自動回収機に入れると、瞬時に他の廃棄物と選別して回収できます。そして選別された資源は、品質の高い飲料容器に再生されます。異なる材質の成分が混入することはありません。自動回収機を通じて回収された飲料容器の数が増えるほど、資源循環が進み、地球資源の無駄や、海洋ごみの発生リスク、温室効果ガス発生量を減らすことができます。これをTOMRA社では「クリーン・ループ・リサイクル」と呼んでいます。資源価値を持続させる循環システムをグローバルに導入することにより、世界規模の環境問題に取り組み続けています。

CLEAN LOOP RECYCLING

課題

カメラの性能向上の必要性

TOMRA社の自動回収機は、使用済み飲料容器の選別・分別・保管だけでなく、利用者への特典付与にいたるまでの一連の処理を行う機器です。これは、デポジットリターン制度がある地域で導入が進んでいるサービスで、店舗に置かれた自動回収機に、利用者が使用済み飲料容器を投入すると、機器に内蔵されたカメラにより自動的に選別・分別され、現金がその場で戻ってくる仕組みです。日本では、店舗で使えるポイントカードのポイントに還元されます。

消費者をお待たせせず、エラーなく満足なリサイクルの体験を提供するには、持ち込まれた大量の飲料容器をそれぞれ1秒程度で識別し、容器の形状やバーコードを、間違いなく高速で読み取る必要があります。そのためには、カメラが高速に被写体を撮影し、高精細であるだけでなく、ノイズが少ないことが求められます。

イメージ写真

写真:使用済みボトルをTOMRA社の自動回収機に投入するユーザー

ソリューション

ソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)の提案

TOMRA社の自動回収機に内蔵されるカメラ用に、グローバルシャッター技術(Pregius™)を搭載したイメージセンサーの活用をご提案しました。これは高速の製造ラインの制御や、精密機器の品質検査をはじめ、さまざまな産業用途で実績のあるイメージセンサーです。高速で移動する被写体を歪みなくとらえることができ、解像度が高く、映像ノイズが少ないのが特長です。

動画:マシンビジョンにおけるグローバルシャッターイメージセンサーの活用

結果

グローバルシャッター技術(Pregius)搭載イメージセンサーは、TOMRA社の自動回収機のFlowシリーズのカメラに搭載され、その性能の向上に貢献しました。360度の全方位からの容器のバーコードを読み取る機能や、高速で動くボトルの輪郭を精細にとらえる性能の実現がその一例です。このイメージセンサーの採用で、システム全体の処理スピードと精度が向上しました。TOMRA社の目指すクリーン・ループ・リサイクルの実現に、SSSの技術が貢献しています。

TOMRAのペットボトルリサイクリング循環図

イメージ図
イメージ図
参考画像 拡大 拡大アイコン

Pregius技術搭載イメージセンサーが
選ばれた理由

1) 高速撮像能力:高速でボトルを分別できる。
2) 高解像度:容器の形状や材質を精度よく判別できる。
3) 低ノイズ:映像ノイズが少ないのでバーコードの読み取りに向いている。
4) 歪みがない:高性能のグローバルシャッター技術により、高速で動くボトルを歪みなく撮影できる。

イメージ写真

写真:Pregius技術搭載のイメージセンサーが飲料容器の
自動選別をしている様子

関連製品&ソリューション

お問い合わせ

仕様書や見積もりのご依頼はこちらから!

※これより先は、当社が委託した株式会社セールスフォース・ドットコムのサイトへリンクします。

お知らせ
メール配信の登録

産業用およびセキュリティカメラ用イメージセンサーの製品・技術、イベント、サービスなどの情報をお届けします。