分 野
安全

遠方・広域観察

概要

映像や情報技術の進化に伴い、現在さまざまな目的で航空写真や遠方観察のニーズが増えてきています。航空写真は地図作成に使われるほか、各種報告書や、映像制作、特定の設備の周辺状況の把握、災害管理などにも使われています。遠方観察も同様に、特定の箇所のモニタリングや映像制作などにも使われており、用途は多様です。このような分野でもイメージセンサーが応用されています。

活用事例

広域の航空写真

近年、広域の航空写真の撮影にドローンとカメラが使われることがあります。ドローンは飛行可能な時間帯が限られているため、同日内に撮影し終えるのが困難な場合があり、時間短縮が課題です。また正確なデータとして使われる側面もあるので、高い画質も求められます。

ソニーの大型のローリングシャッター方式イメージセンサーは撮像エリアをワンショットで広く確保できるだけでなく、航空写真で求められる精度・画質の良さも評価されており、そのような用途に活用されています。

広域の航空写真のイメージ画像

遠方観察

遠方観察では、空気中の微粒子の影響で、遠方の対象物がかすんで、うまくカメラで撮影できないことがあります。SWIR帯域の光は可視光より波長が長いため、空気中の微粒子の影響を受ける度合いが少なくなります。SWIRイメージセンサーはSWIR波長の光を効率よくとらえることにより、遠方の対象物を鮮明に撮像することが可能です。

遠方観察のイメージ画像

関連製品&ソリューション

お問い合わせ

ソニーセミコンダクタソリューションズグループおよび製品・サービスに関するお問い合わせ、仕様書、見積り/購入のご依頼などは、以下のボタンより専用フォームにてご連絡ください。