分 野
モバイル

スマートフォン(Sensing)

概要

裏面照射型 Time of Flight (ToF)方式距離画像センサーなどのセンシング技術と、長年にわたり培ってきたイメージング技術を融合し、スマートフォンに便利で楽しいアプリケーションの提供を可能にします。背景ぼかしなどの写真撮影時のサポートや、AR技術を使ったゲーム、空間を使った新感覚コミュニケーションなど、新たな体験を実現可能です。

AR技術とは、物体や建造物の深度(Depth)情報を利用して、画面上で実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある現実を拡張して表現する技術です。主に、スマートフォンなどのエンタテインメント用アプリケーションなどで使われています。

活用事例

Mobile VTuber

深度(Depth)情報が取れるセンサーを利用して、表情や指、関節の動きまでを正確に認識。高速で動く指のトラッキングや、スムーズなハンド/ボディトラッキングで、自然なアバターの動きを実現します。
自然な顔の表情やハンドサイン、空中描画など、よりリアルでエンタテインメント性の高い表現が可能です。

動画のテキスト版

バーチャルフィッティング・レイアウト

たとえば足を計測してぴったりサイズの靴を選んだり、部屋を計測してサイズに合った家具を選んだり。ToF方式距離画像センサーを活用することで、自宅にいながらサイズ感やコーディネートをチェックできます。

動画のテキスト版

コミュニケーション

目の前にあるものを3D アニメーションに変換したり、空間に描いたイラストや文字を周りの空間と一体化して、好きな人とシェア。ToF方式距離画像センサーが、いつもと違うコミュニケーション体験を創出します。

動画のテキスト版

写真撮影(背景ぼかし)

ToF方式距離画像センサーで被写界深度を測定し、一眼カメラのような背景ぼかしを実現するなど印象的な写真撮影を強力にサポートします。

写真撮影(背景ぼかし)前の画像
写真撮影(背景ぼかし)後の画像

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(以下、SSS)は、ソフトウェア開発キット(SDK)「ToF(Time of Flight)AR」を開発者向けに一般公開しています。

■Developer World*1「ToF AR」公開ページ
https://developer.sony.com/ja/develop/tof-ar/

SSSが開発した「ToF AR」は、以下のような機能を実現するアプリケーションの開発をUnity*2上で行うことを可能にし、今まで体験したことのない没入感のあるアプリ/AR開発を加速します。
1.ハンドジェスチャー機能
2.身体の動きを認識して滑らかに描写する機能
3.3Dデータを作成するモデリング機能
4.深度情報を元に周りの環境を構築するメッシュ処理(Meshing)機能など。

*1) Developer World:Sony Europeが運営する、ソニーがサポートしている開発プログラムをまとめているサイト。URL:https://developer.sony.com/ja/
*2) Unity:Unity Technologies社が提供する、ゲームを作るための統合開発環境であるゲームエンジンや実行環境などを備えたゲーム開発プラットフォーム。

技術

ToF(Time of Flight)

この分野で活用されているToF(Time of Flight)の技術情報はこちらです。

関連製品&ソリューション

お問い合わせ

ソニーセミコンダクタソリューションズグループおよび製品・サービスに関するお問い合わせ、仕様書、見積り/購入のご依頼などは、以下のボタンより専用フォームにてご連絡ください。