概要

交通状況の把握と適切なマネジメントは、自動車が普及している先進国のみならず、今後普及が進む新興国においても共通の社会課題です。そうした中、最新技術の活用によって交通事故を未然に防ぎ、誰もが安全に運転できる交通環境を維持するためのインフラとしてITS(Intelligent Transport Systems)の構築が進んでいます。カメラによるスピード違反や信号無視等の交通違反の検出、ナンバープレート認識などを活用した予防安全施策など、安全な自動車社会に向けた取り組みが進んでいます。

活用事例

ナンバープレート認識

交通量の多い環境で走行する車両のナンバープレートを識別するには、高速シャッター/読み出しに対応するグローバルシャッタ―方式イメージセンサーの応用が可能です。また、セキュリティカメラ用イメージセンサーは、暗所や、あるいは明暗の差が激しい場所においても、クリアにプレートを認識できるデバイスとして活用されています。

ナンバープレート認識のイメージ画像

グローバルシャッタ―方式イメージセンサーのITSへの応用

車内の人数確認(反射除去)

交通の取り締まりにおいて、定点カメラでの観測では、時間帯や角度によってフロントガラスに光が反射し、車内の人の姿を認識できないことがあります。偏光イメージセンサーを適切に設定することで、反射光の軽減や除去をおこない、車内の人数を検知することが可能になります。

車内の人数確認(反射除去)のイメージ画像

偏光イメージセンサーを活用した反射除去

明所・暗所モニタリング

照度条件などが厳しい屋外環境下では、低照度での性能が高くダイナミックレンジが広いソニーのセキュリティカメラ用イメージセンサーが適用されています。交通量の把握、渋滞検知、事故検出、逆走検出、車両識別など、さまざまな用途に使われています。

明所・暗所モニタリングのイメージ画像

資料ダウンロード

偏光を利用した反射除去の原理と偏光イメージセンサーの特長

偏光を利用した反射除去の原理と偏光イメージセンサーの特長

偏光イメージセンサー技術の詳細をご紹介します。

関連製品&ソリューション

お問い合わせ

ソニーセミコンダクタソリューションズグループおよび製品・サービスに関するお問い合わせ、仕様書、見積り/購入のご依頼などは、以下のボタンより専用フォームにてご連絡ください。