概要

FPD(フラットパネルディスプレイ)は、デジタルサイネージ等の大型デバイスから、スマートフォンやスマートウォッチなどの中小型デバイスまで、その用途ごとに、大きさと性能が異なるさまざまな製品が展開されており、新たなディスプレイデバイスの開発も日進月歩で進んでいます。

FPD製造にはマザーガラスの受け入れから最終商品に至るまで多くの工程が存在するため、各工程における良品率を高めると共に、不良品を確実に検出できる高度な品質検査が求められます。

今日、その多くの工程で幅広く画像による検査が行われており、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の持つ高感度・高解像度・高速・低ノイズの産業用イメージセンサーが、製造工程における品質管理と生産性の向上に貢献しています。

活用事例

ガラス表面の欠陥検査

FPDの製造現場において、パネル表面の微細な欠陥や、アレイ工程における配線パターンの異常、セル表面の異物を検出する工程でイメージセンサーが使われています。高画質・高解像度・高速のグローバルシャッター方式イメージセンサーは、この用途に適しています。また、偏光イメージセンサーは、表面状態の差による偏光度の差をとらえることができるので、凹凸がランダムな汚れと区別して傷を検知します。

ガラス表面の欠陥検査のイメージ画像

大型ディスプレイのムラ検査

大型FPDの欠陥検査に大型イメージセンサーを活用する場合、検査画面の各画素の輝度を正確に測定し、画素欠陥やムラの有無を検知する必要があります。

その精度を上げるためには、イメージセンサー側の画素の均一な性能が求められます。ソニーの大型のローリングシャッター方式イメージセンサーは、高感度であるだけでなく、画素数が1億画素を超えるにもかかわらず暗時ノイズやシェーディングが低く、画素欠陥も少ないため、こうした欠陥検査の精度向上に好適です。

大型ディスプレイのムラ検査のイメージ画像

関連製品&ソリューション

お問い合わせ

ソニーセミコンダクタソリューションズグループおよび製品・サービスに関するお問い合わせ、仕様書、見積り/購入のご依頼などは、以下のボタンより専用フォームにてご連絡ください。